当サイトはPRを含みます。

GMOあおぞらネット銀行は振込手数料が安く
審査も簡単でスピード口座開設が実現!

今すぐ法人口座を作りたい経営者の方はネット銀行の法人口座を開設しませんか?

最短で口座開設が可能な法人向け銀行が「GMOあおぞらネット銀行」です。

メガバンクは法人口座を簡単に開設できない!

  • 事業内容を厳しくチェックされる
  • 資本金が少ないと不利になる
  • 事業の売上や実績を精査される
  • 代表者の個人信用度が問われる
  • 登記住所がバーチャルオフィスだとNG

またメガバンクは提出書類も多く、審査に時間がかかります。
GMOあおぞらネット銀行なら「審査はゆるめ」「ネットで手続き完了」「最短即日開設」「バーチャルオフィスでもOK」というように最速で法人口座が持てます。

振込手数料もメガバンクの1/2以下です。

初めての法人口座、振込専用のセカンド銀行として、「GMOあおぞらネット銀行」に法人口座を開設しませんか!

おすすめのネット銀行は
GMOあおぞらネット銀行
です。

法人にGMOあおぞらネット銀行を
おすすめする理由

ご覧のように振込手数料、口座維持費用が最も安いのはGMOあおぞらネット銀行、住信SBIの2行です。

毎月たくさんの入金がある法人ならば、手数料が最安のネット銀行を選びませんか。

数あるネット銀行の中から当サイトがおすすめするのは「GMOあおぞらネット銀行」です。

振込手数料が安い

GMOあおぞらネット銀行は同業のネット銀行の中でも、業界最安値水準です。

振込手数料は同行内なら無料、他行でも145円です。しかも維持管理費も無料ですので、コストで選ぶなら間違いありません。

月20回振込手数料が無料

なんと口座開設の翌々月まで他行宛ての振込手数料が月20回まで無料です。

例えば三菱UFJ銀行の法人他行振込手数料は770円ですので、660円×20回×3ヶ月分=最大39,600円もお得になります!

設立1年未満の法人ならさらにお得なキャンペーン

さらに設立1年未満の法人なら、設立月から12ヶ月間、月20回無料です。

660円×20回×12ヶ月分=最大158,400円もお得です!

ビジネスデビットカードが利用可能

現金還元率最大1%のビジネスデビットカードの発行ができます。最大1%現金がキャッシュバックされるので大変お得です。

デビットカードを使えば経費処理や支出管理が簡単で楽になります。また、従業員用のサブカードの発行も可能です。経費立替や小口現金管理が不要になり、スマートな経理処理ができるようになります。

法人デビットカード
の申込みはこちら

税金・社会保険料もPay-easy(ペイジー)で

Pay-easy(ペイジー)を活用すれば税金・社会保険料などの支払いを窓口に行かずにオンラインで簡単にできます。

取引先への振込だけでなく、あらゆる支払いがスムーズにおこなえるようになります。

海外送金が安くて早い(法人)

送金時の為替手数料が無料なので海外送金が安くなります。

海外格安送金大手のWISE社との提携によって安く早い送金が実現します。

余剰資金も外貨預金で運用

GMOあおぞらネット銀行は外貨預金を書類提出不要でスピーディーに始められます。

業界最低水準の為替手数料ですので、高い利息収益を得ることが可能になります。

融資(利用)枠型ビジネスローン

GMOあおぞらネット銀行では、柔軟なビジネスローンの利用ができます。

  • 年利0.9%~14%
    最大1,000万円
  • 創業初年度から
    利用がOK
  • 融資枠内で繰り返し
    借入れ返済が可能
  • 決算書の提出や
    保証人は不要

経費削減するなら振込専用のセカンド銀行は必須!

毎月の振込手数料や口座維持費は積もり積もれば大きな金額になります。

そんな毎月の固定費を減らしたいなら、ネット銀行に切り替える、あるいはメガバンクとネット銀行を併用するという方法があります。

後者の場合、お客様からはメガバンクの口座に入金してもらい、一部のお金をネット銀行に移し替えて、そこから取引先に振込みをすれば、振込費用を大幅に削減することができます。

ATMや窓口に行く必要もなく、24時間いつでも振込が可能ですので、経理に使う時間も削減可能になります。

最短即日で口座が開設できる

GMOあおぞらネット銀行は、取引責任者と代表者が同一で、スマホから自撮り動画(セルフィー)を送信して、本人確認の条件を満たせば即日口座開設が可能です。


STEP. 1
法人口座開設
申込フォームに入力


STEP. 2
事業内容申告と必要書類の
アップロード (郵送も可)


STEP. 3
銀行からの郵送物を受け取り、
初期設定をしてご利用開始!

公式サイトを見る

法人銀行口座の振込手数料比較|GMOあおぞらは最安レベル!

法人のネット銀行を利用するには、振込手数料と月額の維持費用がかかります。

銀行によって費用は大きく変わりますので、毎月の振込回数が多い法人の場合、手数料が安い銀行口座を持つことが賢い選択と言えるでしょう。

ここでは主要な銀行9行のネットバンキング利用時の手数料を比較してご紹介します。

振込金額3万円未満の手数料比較

振込金額が3万円未満と少額なのに手数料を400円以上もかけて入金するのは無駄な費用と言えるでしょう。

振込金額が3万円と少額ならば、手数料もそれに見合った最安の145円が合理的です。

振込金額
3万円未満
同一店宛 本支店宛 他銀行宛
GMOあおぞら 0円 0円 145円
住信SBI 0円 0円 145円
三菱UFJ 110円 110円 484円
三井住友 110円 220円 495円
みずほ 0円 220円 490円
りそな 0円 330円 605円
楽天 52円 52円 150円
セブン 55円 55円 165円
PayPay 55円 55円 160円

振込金額3万円以上の手数料比較

振込金額が高くなれば、それに比例して振込手数料も高くなるというのがメガバンクの特徴です。

3万円以上の振込手数料が145円のGMOあおぞら・SBIと660円のメガバンクを比較すると、なんと400円以上もの金額差があります。

どちらがお得かは言うまでもありません。

振込金額
3万円以上
同一店宛 本支店宛 他銀行宛
GMOあおぞら 0円 0円 145円
住信SBI 0円 0円 145円
三菱UFJ 220円 220円 660円
三井住友 330円 440円 660円
みずほ 0円 440円 660円
りそな 0円 330円 605円
楽天 52円 52円 229円
セブン 55円 55円 165円
PayPay 55円 55円 160円

法人銀行口座維持費用の比較

法人のネットバンキング口座では、通常口座維持費用が毎月かかります。

ネット専業銀行のほとんどが維持費用0円を打ち出していますが、メガバンクは毎月の固定費がかかります。

年間のコストで見た場合、数万円もの差が生じます。

口座開設費用 口座維持費用
GMOあおぞら 0円 0円
住信SBI 0円 0円
三菱UFJ 0円 1760円
三井住友 55000円 5500円
みずほ 0円 3300円
りそな 0円 3300円
楽天 0円 0円
セブン 0円 2200円
PayPay 0円 0円

振込手数料をカットしてスマートな経営を

法人銀行口座はこれまでメガバンクのみを使っていたという企業様も多いのではないでしょうか。

ネット銀行の口座があれば、窓口やATMまで行く必要がなく、自宅のパソコンやスマホから簡単に入出金が可能です。

しかも振込手数料を大幅に安くできます。そこで、選ぶなら振込手数料が最安のネット銀行です。毎月かかる振込手数料を大幅にコストダウンできます。

セカンドバンクとしてネット銀行口座を開設して、スマートな経営に役立てませんか。

おすすめのネット銀行は
GMOあおぞらネット銀行
です。

GMOあおぞらネット銀行は、スタートアップ企業やバーチャルオフィスでも口座を作れます。

審査もゆるやかなので「法人口座が作れるか心配」「他行で審査が通らなかった」という方も一度申し込んではいかがでしょうか。

ネット銀行比較.com